コンサルティング

Companion Information ModelをServerに移植し、御社のVendor Specific Extensions用のXMLファイルを作成するのは正直ちょっと大変な作業です。そこでEmpressはコンサルティングサービスを提供しています。

CSに対応するためのコンサルティング

OPC UAの情報モデルは難しいので情報モデルの知識がなくても情報モデルが構築できるEmpress OPC UA Convertorを使用し、情報モデルが構築できるコンサルティングをモデル化し提供しています。ただし、CSのNodeのパラメータとお客様のFA機器が生成するデータのマッピングは必ず合同で実施させて頂きます。この合同でマッピングする過程でお客様はOPC UAのマニュアルやCSを読まなくても情報モデルを理解できるようになります。

ただし、お客様の理解を早めるためにEmpressはOPC UAのセミナーを開催します。これによりOPC UAの基本的な概念や用語を理解頂けます。

Empress Consulting Model

     
工程 説明
情報モデルの移植 Companion Specに記載された要件をEmpressがOPC UA Serverへ移植します。
セミナー 1 OPC UAのObject Modelling設計に必要な基礎的な知識を説明します。お客様がVendor Specific Extensionsを構築するために必要です。
セミナー 2 CSを読むのに必要な知識を説明します。お客様が自社のFA機器にCompanion Information Modelに対応したOPC UA Serverを載せたときのQAテストを実施するために必要な知識です。
FA機器との通信 FA機器が生成し上位に転送するデータを洗い出します。
データマッピング FA機器が生成するデータとCompanion SpecのNode(Variable、Event、Methodなど)のパラメータをマッピングします。EmpressはエクセルフォーマットのCSのマッピングシートを用意します。コンサルティングを提供しながらお客様がCSとFA機器のデータをマッピングします。これによりCSを精読しなくてもCSの概要が理解できるようになります。
テーブルの提供 マッピングをもとにEmpressがお客様用の情報モデルデータベーステーブルを提供します。
データ登録 Empressが設計した情報モデル用のデータベーステーブルのアトビュートにFA機器が生成するデータをEmpress Data Collect APIを使用し登録します。情報モデル用のデータベーステーブル登録後、Empress OPC UA ConvertorがデータをOPC UAに自動的に変換します。
データの送信 FA機器と情報モデル用のデータベーステーブルの双方向の通信が必要なMethodのFA機器へ通信を実装します。

自社モデルを構築する場合のコンサルティング

お客様の業種にあったCompanion Indormation Modelがなく、自社モデルを立ち上げる場合のコンサルティングも承っています。工程は下記の通りにモデル化されています。

工程 工程名 説明
OPC UA 導入セミナー OPC UAのObject Modelling設計に必要な基礎的な知識を説明します。
FA機器の分類 お客様のFA機器の分類をカタログベースなどにより2段階もしくは3段階に分類して頂きます。
機能の分類 分類したFA機器が持つ機能を2段階もしくは3段階に分類して頂きます。
データの分析 それぞれの機能から生成されるデータの分析方法にちて解説します。
データのモデル化 収集されるデータの抽象化とOPC UA Object Modelling化する設計手法を解説します。
データのNode化 モデリングされたObjectをNode化する設計手法の説明します。
AttributeとReferenceの設計 Nodeの構成要素であるAttributeとReferenceの設計手法の説明します。
EventとMethodの設計 Event(通知)とMethod(コマンド)の設計手法の説明します。
XMLの作成 設計されたNodeからXMLの作成します。
10 OPC UA Serverのポーティング XMLの仕様をOPC UA Serverのポーティングします。
11 Serverへの実装 Serverへの実装方法を紹介します。

OPC UA Foundationの認証をとるためのコンサルティング

Empress OPC UA Serverをお客様のFA機器にのせた場合のOPC UA Foundationの認証をとるためのサポートサービスを提供します。

       
工程 説明
CTT実行環境の構築します。
CTTテストの実行します。
CTTテストの結果分析します。
CTTテストの修正、再実行します。
認証環境の申し込みします。
認証環境の構築します。
認証窓口の対応のサービスを提供します。  
分析、修正と検証します。
合格するまで8を繰り返します。