Historical Access

Historical AccessはOPC UAで過去の時系列データと過去のEventデータの処理を定義します。 AddressSpaceの履歴データとEventの表現の仕様が含まれています。履歴アクセスをサポートするServerは履歴データや履歴Eventソースへの透過的なアクセスをClientに提供します。履歴データまたはEventは独自のデータコレクション、データベース、またはメモリ内の短期バッファに保存できます。履歴アクセスをサポートするServerはAddressSpaceで使用可能なVariable、Object、Property、Viewのすべてまたはサブセットの履歴データとEventを提供します。

Timestamp

OPC UA Historical Accessは単一のタイムスタンプ参照を使用し複数のデータポイントを関連付ける必要があり、Clientはどのタイムスタンプを参照として使用するかを要求できます。Historical AccessをサポートするOPC UA Serverは以下のようにさまざまなタイムスタンプ設定を処理します。 無効な設定のHistoryReadはBad_TimestampsToReturnInvalidで拒否されます。

Timestampの説明

Timestampの説明は下記の通りです。

SOURCE_0

SourceTimestampを返します。

SERVER_1

ServerTimestampを返します。

BOTH_2

SourceTimestampとServerTimestampの両方を返します。

NEITHER_3

HistoricalDataNodesにアクセスするHistoryReadの有効な設定ではありませんを返します。

HasHistoricalConfiguration ReferenceType

このReferenceTypeは具体的なReferenceTypeで、AggregatesReferenceTypeのサブタイプです。Historical Nodeから1つ以上のHistoricalDataConfigurationType Objectを参照するために使用されます。セマンティクスはTargetNodeがReferenceのSourceNodeによって使用されていることを示します。図はOPC UAの階層におけるこのReferenceTypeの場所を説明しています。

HistoricalAccessConfiguration

履歴を持つ各HistoricalDataNodeには、Historizing Attributeが定義されており、HistoricalAccessConfiguration ObjectをReferenceできます。HistoricalDataNodeがPropertyである場合、HistoricalDataNodeはPropertyの値を親から継承します。AddressSpaceのすべてのVariableに履歴データが含まれているとは限りませんが、履歴データが利用可能かどうかを確認するために、ClientはAccessLevelAttributeでHistoryRead / Write状態を検索します。図はAttributeとPropertyのサブセットのみを示しています。