情報モデルとは?

情報モデルとは情報を伝える枠組みをいいます。情報モデルの導入前はFA機器同士の通信はベンダーごとにパラメータが異なるため人間が介在し情報の伝達が可能になるのに対して、情報モデルが導入されるとFA機器同士が会話し人間が介在してなくても意味が理解できるようになります。

OPC UAの情報モデルは4層で構成され、モデル定義基盤(Meta Model)、基本モデル構成要素(Built-in Information Model)と拡張モデルの拡充として協調領域(Companion Information Model)と競争領域(Vender Specific Extensions)から構成されます。

Empress OPC UA ServerはOPC UAの根幹的な情報モデルが記載されているモデル定義基盤(Meta Model)、基本モデル構成要素(Built-in Information Model)をDefaultでロードしています。

OPC UAの情報モデルの3番目の階層は業界ごとに決定されるCompanion Information Modelです。PLCではPLCopen、成型機ではEUROMAP、ビルオートメーションではBACnet、変電所ではIEC61850を使用することが決定されています。

4番目の階層はVender Specific Extensionsで、Companion Information Modelとは逆に各企業が独自に情報を記載する階層です。4階層にあるのでMeta Model、Built-in Information Model、Companion Information Modelから情報のリンクを引継がなければなりません。 Space Model Designerなどのツールを使用しないと作成は難しいと言われています。Empressのコンサル・技術サポートはVender Specific Extensionsの情報モデル構築支援も提供します。

OPC UA Serverのコンフィグファイル、uasever.config.xmlの設定で複数の情報モデルがロードされる場合は下段にあるxmlがAddressSpaceに上書される仕様となっています。