Empress特長とは?

Empress(本社:カナダ・トロント)は1979年設立されたの歴史あるデータベースベンダーです。株式会社Empress Softwre Japanは、日本法人であるとともにアジア・オセアニア地域のヘッドクォータを兼ねています。Empressは、ミッションクリティカルを必要とするアプリケーションとデバイスのためのデータベースとミドルウエアを提供する専業データベースベンダーです。

1.Empressは36年目を迎える歴史あるデータベースベンダーです。

Empressは36年以上の歴史を持っています。長い歴史を経て多くの技術が蓄積され、同時に多くの分野で採用実績のあるEmpressデータベースはどの分野でも安心してご使用頂けます。

2.Empressは北米導入実績NO.1データベースです。

Empressは北米で導入実績NO.1データベースです。Empressを有名にした米国での導入事例を2例紹介させて頂きます。 ひとつは、木製探査機ガリレオのデータベースとして搭載され、30年以上、木星の雲、ガス、気温に関する迅速で膨大なデータの蓄積や分析のために使用されています。もうひとつは、世界最大の通信機器メーカCISCO社のルータとインテリジェントハブに導入されています。CISCO社は採用にあたり世界中の34社のデータベースベンダーを呼び、コンペを実施し、製品の安定性と高速性でEmpressの採用を決定しました。

Empressの主な導入分野としては通信機器、FA・計測・制御機器、空調コントローラ・スマートグリッド機器、ビルの入退管理、プリンタ・MFP・印刷機、ATM・POSターミナル、医療電子機器、放送機器、農業機器、産業機器、車載搭載機器(カーオーディオ等)、スマートフォン、情報家電等の各種デバイスに幅広く使われております。

3.Empressは米国連邦、州政府のGSAコントラクトホルダです。

Empressは米国連邦、州政府及びそれらの傘下の大学、研究所などと米国のGSAコントラクト(GS-35F-4989H)を締結している企業です。米国政府に認められた品質の高いデータベースです。

4.Empressはグローバル企業です。

Empressはカナダ、米国、日本以外にも、英国、中国、韓国、フランス、ロシアに代理店を持つグローバル企業です。UTF-8に完全対応しているだけではなく、アジアでは中国、韓国、インドネシア、アラビア語、ヨーロッパではフランス、ドイツ、ロシア、スペインなど40カ国の言語に対応しています。日本語では半角カナ・外字にも対応しています

5.Empressは40OS、6000プラットフォームで稼働しています。

OSは組込みLINUXでは、Wind River Linux、Montavista、TimeSys、Redhat、Susie、Bluecat、T-Engine、ITRONではITRON 3 4、eT-Kernel CompactからExtended、T-Kernel、Microsoft WindowsではMicrosoft Windows XP Embbeded、Microsoft Windows CEを始め、Windows Embedded Family、Wind River Vxworks、QNX、Lynx、Enterprize Unix/LinuxではAIX、HP-UX、Solaris、BSD、True64、IRIX、スマホ、タブレット用OSとしてはAndroid、iosに対応、CPUではARM、MIPS、PowerPC、SH3、SH4、StrongARM、Xscale、X86、Itanium、Opetron、SPARC、PA-RISC、Alphaなどの40OSと6000プラットフォームで稼働実績つデータベースです。