情報家電

情報家電向け組込みデータベースで必要不可欠な機能は、

完全なマルチタスク/プロセスのサポート
ロックとトランザクション機能のサポート
カーネルサイズを極小化

などがあげられます。上記は本来、トレードオフの関係で両端の機能が求められます。Empress組込みデータベースはカーネルサイズが800KBと非常にコンパクトでありながら、マルチユーザー、マルチタスク/プロセス、ロック粒度調整機能、トランザクション機能を標準でサポートするため情報家電には最適な組込みデータベースです。

情報家電分野の応用例として以下があげられます。

衛星/有線放送用のセットトップボックス
番組表と番組内容の管理、ダウンロードと登録
名前、ジャンルなどの複合検索

ホームマルチメディアボックス
マルチメディアコンテンツの検索と登録
名前、ジャンルなどの複合検索

インターネットTV番組受信装置
遠隔地のTV番組表の管理、ダウンロード、名前、ジャンルなどの複合検索

カラオケなどのハンドヘルド装置
名前、ジャンルなどの検索

HDTVの広告放送と制御ボックス
スケジューラーの管理など

放送機械
コンテンツの登録と高速検索