入退室管理

Empress組込みデータベースは入退室管理のIDコントローラで採用されています。入退室管理は単に従業員の入退室のみを管理するのではなく、各従業員のアクセス権に基づき、アクセスできる部屋を管理したり、入退室管理とエレベータの情報を共有し、エレベータを合理的に運用したりするのに利用されています。複雑な入退室管理情報と複数の入退室管理のIDコントローラの情報をマージさせ、一元的に管理するには組込みデータベースは必須のアイテムです。

ビルが大規模になるとIDコントローラ内部にすべての入退室管理のデータを蓄えるだけではなく、IDコントローラ内部に直近のデータを保存し、それ以外はクラウドデータベースに蓄積するようなデータ連携ソリューションが必要になります。

Empressの入退室管理のIDコントローラ用ソリューションはEmpressレプリケーションをはじめ、Empress M2M レプリケーションなど入退室管理のIDコントローラで使用されるデータ連携の必要な機能をすべて揃えています。