医療

北米の医療分野でEmpress組込みデータベースは、電子カルテ、バイタルセンサーなどの医療機器、マンモグラフィーなどの医療画像システムなどの幅広い分野で導入されています。医療機分野でEmpres組込みデータベースが採用される主な理由は以下によります。

多くの開発ツール, 豊富なデータフォーマットと機能のサポートをしながら開発時間の短縮が可能なこと
医療データの収集が高速であること
アプリケーションのオプティマイゼーションに柔軟性があり、容易であること
フットプリントが小さいため、小リソースでも採用が可能であること
期待されるパフォーマンスが実現できること
信頼性が高く、データの一致性が保たれること
プログラムが効率的でロバストが可能であること
ランタイムライセンスで運用が可能であること
断電回復機能を有していること

Empressを導入するメリットはシステム統合性が高いことです。Empressは組込みからサーバまでのRDBMSをカバーしているため、システム統合が容易です。組込みデータベースでは、複数の心電計やマンモグラフィー、X線画像からデータを収集し、サーバのRDBMSに登録して、サーバのRDBMSが格納している検査結果、病歴などを統合させて、WEBベースのアプリケーションとして公開することで病院や検査機関の業務を改善することが可能です。