Empressとは

Empressの主力製品は下記の通りです。

Empress組込みデータベース

Empress(本社:カナダ・トロント)は1979年設立された歴史あるデータベースベンダーです。株式会社Empress Softwre Japanは、日本法人であるとともにアジア・オセアニア地域のヘッドクォータを兼ねています。Empressは、ミッションクリティカルを必要とするアプリケーションとデバイスのためのデータベースとミドルウエアを提供する組込みデータベースベンダーです。

Empress IoT SDK

組込みデータベースはIoTのいろいろな分野で使用されています。デバイスGWからオンプレミスやクラウドの基幹データベースへデータ連携が必須となりました。デバイスからデバイスGW、デバイスGWからオンプレミスやクラウドの基幹データベースへデータ連携を容易に実現するための開発プラットフォームIoT SDKを開発しました。

Empress IoT Data Quest

同時にEmpressはクラウドとオンプレミスでデバイスGWのデータの見える化、認証、ファームウエア更新、死活監視を提供するソリューション、Empress IoT Data Questを提供しています。Empress IoT Data QuestはMicrosoft Azure上にSaaSとして構築され多くのユーザ様にご使用いただいています。

Empress iData OPC UA

そして現在、Empressを最も有名にしているのはOPC UAでしょう。OPC UAはもともとはIoT SDKのオプション機能でしたが、OPC UA Server、Client、OPC UA Convertor、OPC UAの情報モデルのコンサルティングのご要望があまりに多くIoT SDKから独立した製品です。Empress iData OPC UA ServerはOPC UA Foundationの認証済みのOPC UA Serverです。情報モデルに関しましてはEUROMAP、Robotics、MachineToolsなどをサポート、すでに多くのお客様にご採用いただいています。Empressのコンサルティングはお客様に知見を残すことを第一の目標としていますので非常に好評を博しています。Global Supportや海外の工場でのEmpress iData OPC UA Serverと工場の通信テストなどのサポートも提供しています。お客様がEmpress iData OPC UA Serverを採用し,OPC UA Foundationの認証とるための技術サポートやセルフテスト(CTT)の技術サポートなどのサービスも提供しています。

Empress iDataHub

umati@EMO2019 のデモは工場のデータ収集にクラウドを使用することで大きな注目を集めました。 Empress iDataHubはumatiだけではなく、EUROMAP、Robotics、Visionなどの情報モデルも対応可能なクラウドソリューションです。工場のFA機器の情報をOPC UA通信でクラウドと と連携することで、 MESやBIツールなどを遠隔地でセキュアに使用することが可能になります。蓄積されたデータをAIやマシーンラーニングで使用することでお客様のデータに付加価値を与えます。お客様はは個々ユーザに対応したデータのカスタマイズが必要なくなり、大幅なコストダウンが可能になります。