Empress iData OPC UA Clientの紹介

Empress iData OPC UA Clientはライブラリで提供されます。OPC UA ClientというとUA Expertが有名なので何かGUIを持ったソフトウエアという認識の方がいますが、本来は純粋なライブラリです。

OPC UA ServerはAddressSpace内にNodeを公開している独立した存在なのに対し、OPC UA ClientはServerから発行されたEventを受信し、受信したEventから次に何をするのか判断するアプリケーションを作成するためのパーツと理解してください。

OPC UA ClientとAddressSpace内のオブジェクトとの関係は下記の通りです。オブジェクト(Object Nodeのことではありません。)はVariableとMethodで定義されます。オブジェクトのVariableのValuesに変更があるとServerからData Change NotificationというEventが発行されます。Serverから発行されたData Change NotificationをClientは受信し、判断し、変更されたデータを読取るなどを判断します。

また、ClientからAddressSpace内のMethodをCallするとServerはFA機器のコマンドとして受信し処理されます。Methodの完了後の結果をEvent NotificationtとしてOPC UA Clientが受け取り、それを判断してその後の動作を決定します。これらの判断の伴う役割をOPC UA Clientは担います。

データの読み取るという他のシステムでは一見単純に思える動作でも、OPC UAはポーリングではなくパブサブモデルを使用するので、ClientだけではなくSeverの設定も必要とします。多くのServiceを使用します。このようにClientの機能は決して単純なものではありません。