Empress iDataHubのご紹介

Empress iDataHubはumati@EMO2019のデモがその原型となっています。umati@EMO2019は2019年9月にドイツのHannoverで開催された展示会で110台の工作機械をクラウドに接続し、稼働状況を来場者のスマホなどに表示する大規模な実証実験のことでEmpressも参加しました。

Empress iDataHubを使用するメリットは

No 説明
OPC UA通信を使用することでFA機器とクラウド間の通信を工場LANと同等のセキュリティレベルにすることが可能になり、工場のクラウドの使用が可能になります。
業界標準となる情報モデルを採用することでFA機器ベンダ間、工場間で連携されるデータのカスタマイズの必要がなくなります。(これにより機器メーカは大きなコストダウンの恩恵を受けます。)
業界標準となる情報モデルを採用することでFA機器ベンダ間、工場間で連携されるデータのカスタマイズの必要がなくなります。(これにより機器メーカは大きなコストダウンの恩恵を受けます。)
大規模な工場のデータの増大に対して安価な対応が可能になります。(すでにデータ量が大きくなりすぎてオンプレミスサーバのスケールアウトでは対応できません。)
遠隔地でのMES、BIツールの使用が可能になります。

Empress iDataHubの構成は下記の通りです。