OPC UAのコンサルティング

OPC UAのコンサルティングは2種類あります。Companion SpecをOPC UA Serverに実装するコンサルティングと該当するCompanion Specがないために、独自にモデルを作成するためのコンサルティングです。

Companion SpecをOPC UA Serverに実装するコンサルティング

Companion SpecをOPC UA Serverに実装するコンサルティングは下記の工程で提供されます。すべての工程はEmpressのコンサルティングの経験に基づきモデル化されています。 。
工程 説明
OPC UA 導入セミナー OPC UAの基礎概念、用語を習得して頂きます。Companion SpecでProfileとFacetを確認しCompanion Specのどの範囲までをサポートするかを決定します。
情報シートの提供の作成 EmpressがProfileとFacetに対応したCompanion Specの情報シートを提供します。Companion Specを実装する要件はすべてExcelベースの情報シートに日本語訳され記載されます。提供された情報シートのNodeとユーザがFA機器から収集するデータ(アドレスもしくはTag名)のマッピングを作成して頂きます。マッピング中にCompanion Specのほとんどの知識が習得が可能です。オンラインでコンサル及び打ち合わせを実施します。
プロトタイプのOPC UA Severの構築 データのマッピングが完了したら、Empressより下記が提供されます。これによりプロトタイプのOPC UA Serverの立ち上げが可能になります。同時にコンサルティングが終了します。
・CSを実装したカスタマイズOPC UA Server
Vendor Specific Extensions
Serverの設定ファイル
自己署名の証明書の提供
プログラミング FA機器が生成するデータとCompanion SpecのVariable NodeのValue Attributeへの登録、Event、Methodを実装するプログラミングをして頂きます。基本的にはユーザが実装しますが、Empressに委託することも可能です。EmpressよりデータをNodeに登録するサンプルプログラム、Event、Methodなどのサンプルプログラムなどが提供されます。これを書き直すことでOPC UA Serverの実装が可能となります。この期間中にQ&Aが提供されます。
検証 Companion Specを実装したOPC UA Severを検証するための技術サポートを提供します。これにはクライアントツールの使い方、Quality Assureranceのサポートが含まれます。別の有償オプショナルサービスになりますが、CTT検証サポートやOPC Foundationの認証サポートも提供します。
完成/保守サポート 上記を終えると開発が完了し、これ以降は保守サポートサービスが適応されます。保守サービスの内容については複数のレベルがあるので完成後、ご希望の保守サポート契約を締結して頂きます。

独自モデルをOPC UA Serverに実装するコンサルティング

お客様の業種にあったCompanion Indormation Modelがなく、モデルを立ち上げる場合のコンサルティングも承っています。工程は下記の通りにモデル化されています。

工程 説明
OPC UA 導入セミナー OPC UAの基礎概念、用語を習得して頂きます。セミナー後、OPC UA SeverのSecurity Mode、Security Policy、ユーザ認証方法などのセキュリティに関する設定を決定して頂きます。
FA機器の分類 EmpressよりExcleフォーマットのデータシートを提供します。サンプルに従って最上位にFA機器を置き、サブコンポーネント、取得する値、操作するコマンドをツリー状に記載して頂きます。Eventは基本的にシステム全体から発生されると考えられますので単に列挙して頂きます。データシート記入の期間にオンラインでコンサル及び打ち合わせを適宜実施させて頂きます。
Definitionの提供 データシートの記入が完了しましたらEmpressよりDefinition(Nodeの設計書)が提出されますので検収頂きます。EmpressからはDefinitionのみを提供し、OPC UA Serverの仕様書の作成は、OPC foundationの仕様書のフォーマットを使用しユーザが作成します。
XMLの提供 Definitionの検収が終了したら、検収されたDefinitionをもとにEmpressがXMLを作成します。自己署名の証明書、Serverの設定ファイルも同時に提供されますので、Empressが作成したXMLをOPC UA Serverにロードし、プロトタイプのSeverを立ち上がりますので検証用のClientツールで確認頂きます。承認が得られましたらコンサルティングが終了します。
プログラミング FA機器が生成するデータを定義したVariable NodeのValue Attributeへの登録、Event、Methodを実装するプログラミングをして頂きます。基本的にはユーザが実装しますが、Empressに委託することも可能です。EmpressよりデータをNodeに登録するサンプルプログラム、Event、Methodなどのサンプルプログラムなどが提供されます。これを書き直すことでOPC UA Serverの実装が可能となります。この期間中にQ&Aが提供されます。
検証 独自モデルを実装したOPC UA Severを検証するための技術サポートを提供します。これにはクライアントツールの使い方、Quality Assureranceのサポートが含まれます。別の有償オプショナルサービスになりますが、CTT検証サポートやOPC Foundationの認証サポートも提供します。
完成/保守サポート 上記を終えると開発が完了し、これ以降は保守サポートサービスが適応されます。保守サービスの内容については複数のレベルがあるので完成後、ご希望の保守サポート契約を締結して頂きます。