OPC UA for AutoId Devices

AutoID(自動識別)テクノロジーは主にバーコード、OCR、2Dコード、RFID、NFCを使用して産業やロジスティクスのオブジェクトを識別し、AutoIDソリューションの主な利点は手動の手順と比較しビジネスプロセスの高速化とデータ品質の向上が可能なことです。エンタープライズの自動化が急速に成長している環境下でIoT、インダストリー4.0などの概念はAutoIDシステムがブジェクトに関する信頼できるデータを提供する場合にのみ正常に実行といえます。商品だけでなく温度、湿度、加速度(衝撃を検出するため)などのパラメータを記録するセンサーも装備され確実にビジネスの目標を達成するのに役立ちます。

識別と検知の他に現代のロジスティクス生産環境には3番目の重要な要件があります。それはリアルタイムロケーティングシステム(RTLS)です。、GPSには限界があります。たとえば、配送センターに近づくトラックは、GPSを使用しているだけでは、正しいハブに確実に当たることができません。ハブに向かう最後のメートルについてはこのトラックはアクティブRFIDまたはRTLSに基づく補完的なコンポーネントを必要とします。 識別と検知の他に現代のロジスティクス生産環境には3番目の重要な要件があります。それはリアルタイムロケーティングシステム(RTLS)です。リアルタイムの位置特定を提供するためにGPSシステムを考えています。しかし、GPSには限界があります。たとえば、配送センターに近づくトラックは、GPSを使用しているだけでは、正しいハブに確実に当たることができません。ハブに向かう最後のメートルについてはこのトラックはアクティブRFIDまたはRTLSに基づく補完的なコンポーネントを必要とします。

OPC UA for AutoId DevicesはAutoIDコンポーネントの簡単なシステム統合と、新しい要件や市場の発展に応じたシステムを改善および代替する簡単な方法を目指しています。

EmpressはOPC UA for AutoId Devicesの概要を学ぶための無料セミナーを開設します。興味のある方はEmpressにコンタクトして下さい。

OPC UA for AutoId Devicesのユースケース

OPC UA for AutoId Devicesは以下のようなユースケースを想定しています。

RFIDや光学式リーダーやRTLSなどのAutoIDデバイスは生産管理からマテリアルフロー、ロジスティクス、資産管理などいくつかのアプリケーションで使用されています。これらすべてのアプリケーションでAutoIDデバイスは環境をスキャンし指定されたオブジェクトIDを読み取り/デコードする必要があります。

RFIDおよびRTLSシステムの場合、オブジェクトIDを変更できます。RFIDトランスポンダが追加のメモリを提供する場合、これらのデータ領域は読み取りと書き込みが行われる可能性があります。RTLSの場合、ホストシステムはRTLSに特定のオブジェクトトランスポンダの現在の位置を要求する場合があります。

AutoIDシステムによって配信される情報は、PCアプリケーション、モバイルアプリケーション、ITシステム、プログラマブルロジックコントローラー(PLC)などのホストシステムで使用できます。

AutoID Information Modelの概要

AutoId情報モデルの基本インターフェースの概念は2つの異なる通信手順をサポートします。 1つの手順はOPC UA Clientからスキャンをトリガーすることです。もう1つの手順はAutoIDデバイスがタグまたはコードを検出するたびにAutoIDデバイスがスキャンイベントを送信することです。 AutoIdDeviceTypeはスキャンをトリガーしMethodの応答とともにスキャン結果を返すためのScan Methodを提供します。 ScanStartはスキャンを開始する方法を提供しますが、スキャン結果はAutoIdScanEventTypeを介し送信します。 AutoIdScanEventTypeはスキャンイベントで提供される情報を定義し、ScanStart Method呼び出すために使用されます。