OPC UA ServerとClient

OPC UAではデータが蓄えられる側をSeverといい、データを操作する側をClientと言います。1つのOPC UA ServerはServer名もしくはIPアドレスで表現され、これをEndpointといいます。OPC UA ClientがServerにアクセスする場合は"opc.tcp://192.168.0.1:4840"というような形式でEndpointUrlを指定します。

AddressSpaceはメモリー上の大きなデータ構造体でカレントデータしか保存されません。ヒストリカルデータはAddressSpaceではなくServerのコンフィグファイルで指定されたデータベースに保存されます。但し、データベースはデフォルトでは準備されていません。また、OPC UA Foundationが指定するデータベースもありません。ODBCが使用できるデータベースをユーザが選択し設定します。

1つのOPC UA Serverは1つのAddressSpaceしか持てないため、AddressSpaceはNamespaceで区別されます。NamespaceはCompanion Information Modelの仕様書でどのIndex番号を使うか指定されています。Serverには証明書を持ったClientのみが接続でき、中継器(Gateway)はClientとServerを両方を搭載し、FA機器から生成されるデータをMES、ERPなどの上位に中継する役割を果たします。