OPC UA for Process Automation Devices

OPC UA for Process Automation DevicesはPAのDeviceを定義するための情報モデルです。化学薬品、石油・ガス、食品・飲料、発電、金属、セメント、鉱業・鉱物、パルプ・紙、水・廃水などの産業オートメーションシステム内で使用され、圧力、温度、流量、レベルなどを測定する情報モデルで、PA-DIMを使用します。

OPC UA for Process Automation Devicesのユースケース

OPC UA for Process Automation Devicesは、プロトコルとベンダーに依存しないデータ交換を可能にする統合プロセス自動化デバイス情報モデル(PA-DIM)について説明します。 図は、2つのデバイスがクラウドで実行され、汎用データと製品タイプデータにアクセスする複数のアプリケーションと対話するシステムの例を示しています。 PA-DIMはOPC 10000-19で定義されている辞書参照モデルを利用し、IEC 61987 CDDのエントリに適切な国際登録データ識別子(IRDI)を定義します。OPC FoundationはDictionaryEntryType ObjectTypeをOPC 10000-5に追加しました。 セマンティック情報用の新しいIrdiDictionaryEntryType ObjectTypeと、それを任意のノードに関連付けるためのHasDictionaryEntry ReferenceTypeも導入しました。