Base NodeClass

AddressSpaceのNodeは8つのNodeClassに分類されますが、Base NodeClassは派生する8つのNodeClassの親になります。よって、Base NodeClassのAttributeはすべてのNodeに共通する構成要素として継承されます。NodeClassはOPC UAの仕様によって定義されていますので、Severは新しいNodeClassを追加したり作成したりできません。 各々のNodeClassの内容はOPC UA Foundationにより定義されたAttributeによって記述され、Attributeは使用方法としてMandatory(必須)とOptional(オプショナル)の2種類があります。

Base NodeClassのAttribute

Attribute名 データタイプ 説明 M/O
NodeID NodeID AddressSpaceでNodeを一意に識別するためのIdです。NodeはNamespaceとIdentifierの組み合わせで一意化されます。例えば「NodeId="ns=1;i=3018"」の様にXMLに記載されます。Identifierの2000番まではOPC UA Foundationにより予約されています。    M
NodeClass NodeClass Nodeを8つのNodeClassどれかに分類します。 M
BrowseName QualifiedName 人間が読める名前として使用されるAttributeです。TranslateBrowsePathsToNodeIds Serviceを使用しBrowseNameで構成されたパスをたどることができます。 M
DisplayName LocalizedText ローカライズ可能なAttributeで人間が判読できる文字としてClientに公開されます。例えばBrowseNameは英語、DisplayNameはドイツ語の場合が多く見受けられます。 M
Description LocalizedText Nodeの意味を説明します。 O
WriteMask Uint32 WriteMaskはClientが書き込む可能性を公開します。 O
UserWriteMask Uint32 UserWriteMaskはClientがユーザーアクセス権を参照し書き込む可能性を公開します。 O