OPC UA for Compressed Air Systems

OPC UA for Compressed Air SystemsはOPC 40250-1 で正式には"OPC UA for Compressed Air Systems Part 1: Main Control Systems"という名称になります。

仕様の範囲について

OPC UA for Compressed Air Systems(CAS)のCSにはシステムの説明と、圧縮空気システムに関するそのコンポーネントの基本的な説明が含まれています。仕様の主な範囲は、メイン制御システムと上位レベルの製造システム間の通信です。具体的にはCASの状態データをより高いレベルの製造システム(MES)に転送することです。情報と監視の目的で、それぞれのCASの目標値に関する基本的なパラメータを設定します。CASとそのコンポーネントの説明はデバイスの識別、構成、一般的なデータ収集、エネルギー管理などのユースケースに焦点を当てています。

EmpressはOPC UA for Compressed Air Systemsの概要を学ぶためのセミナーを開設します。興味のある方はEmpressにコンタクトして下さい。

OPC UA for Compressed Air Systemsのユースケース

デバイスの識別
ユースケースのデバイス識別は、圧縮空気システムの運用とオペレーターのプラント資産管理の基礎を形成します。 ドキュメント管理、エネルギー管理および保守管理。 この目的のために、メインコントロールシステムは資産識別のためのプロパティを提供するものとします。圧縮空気システムのCASPartの銘板情報に加えて、オペレーター/インテグレーターは、その機能的役割と設置場所を説明するためのプロパティを必要とします。オペレーター/インテグレーターは圧縮空気システムのトポロジーを調査できる必要があります。すべての閲覧可能なコンポーネントは識別可能でなければなりません。 これには、非通信コンポーネント(Airnet、レシーバーなど)も含まれます。

コンフィグレーション
それぞれの再試運転時間を改善するために、オペレーター/インテグレーターは圧縮空気システムのコンフィグレーションのサポートを必要とします。 交換、アップグレードなどによるコンフィグレーション手順は、コンフィグレーションテンプレートおよびコンフィグレーション設定のロード/保存によってサポートされる必要があります。

エネルギー管理
圧縮空気システムをオペレーターのエネルギー管理に統合するには、メイン制御システムが圧縮空気システムとその設置済みCASPartに関するエネルギー関連情報を提供する必要があります。 消費電力、流量、圧力、効率。 提供された情報は、現在の値を表すように計算または測定されるか、時間(毎週、毎月など)で集計されます。オペレーターは、メイン制御システム内の圧縮空気システムのエネルギー性能の分析をトリガーできる必要があります。

オペレーション
オペレーター/インテグレーターは、圧縮空気の生成をメイン制御システムを介しリモートでアクティブ化/非アクティブ化できる必要があります。 オペレーター/インテグレーターのプロセス監視のために、メイン制御システムは標準化されたステートマシン情報、アラーム、警告、およびイベントへのアクセスを提供します。オペレーターはメインコントロールシステムを介して圧縮空気システムの操作データにアクセスすることにより圧縮空気の生成を監視します。 主制御システムは圧力、流量、入口/出口温度および消費電力の実際の値を提供するものとします。 他の圧縮空気システムCASPart(センサーなど)の実際の値も提供する必要があります。メインコントロールシステム内の圧縮空気システム操作の履歴データを分析するために、オペレーター/インテグレーターはメインコントロールシステムのアーカイブデータを閲覧することができます。