Empress iData Modbus to 82.1 Convertor

Empress iData EUROMAP 82.1 ConvertorはModbus通信でプロトコル変換GWに接続された温調機のデータをEUROMAP 82.1を実装した Empress iData OPC UA ServerのNodeに変換しAddressSpaceに公開を可能にするコンバーターです。82.2のホットランナーデバイスに対してもプロトコル変換GWにModbus接続が可能であればコンバートが可能です。プロトコル変換GWと温調器の接続は1対1接続に限定されています。

専用のUIを使用することで簡単に設定が可能です。Modbusの規格に合わないデータを設定した場合はエラーメッセージを動的に表示しますので、誰にでも失敗することなく設定することが可能です。

EUROMAP 82.1はプラスチック成型機と温調器間のデータ交換を定義していますが、OPC UA for Devicesと拡張されたEUROMAP83を併用するため、OPC UAとEUROMAPの深い知見と経験が必要です。EmpressはEUROMAPのコンサルティングを実施している国内唯一のOPC UA Serverベンダーです。コンサルティングと技術サポートもコンバーターと同時に購入可能ですので、是非、ご検討ください。

Empressのコンサルティングの最大の特長はコンサルティング中にお客様にOPC UAとEUROMAPの知見が残るような配慮がされていることです。技術サポートはプログラムの実装時だけでなく検証中のClientの操作方法のサポートも含まれますので是非、ご検討ください。

Empress iData EUROMAP 82.1 Convertorの特長は下記の通りです。

1. EUROMAP82.1実装済のOPC UA Severを提供します。
2. OPC UA Foundationが認証済のEmpress iData OPC UA Severを使用しています。
3. 操作が簡単なUIでプロトコル変換の設定が可能です。
4. プロトコル変換ゲートウェイに対して温調機は1台まで接続が可能です。
5. Modbusの規定の無いデータを設定した場合は動的にエラーメッセージを表示します。
6. EUROMAP82.1を検証するためのコンサル及び技術サポートサービスを提供します。

EUROMAP82.1の対応可能なNodeは以下の通りです。

DisplayLanguage

TCDSpecification

- MaxTemperature
DeviceZone

- Temperature
- ActualValue
- SetValue
- MinValue
- MaxValue
Operation

- ActiveErrors
- Id
- Severity
- Message
- ResetAllErrors
-OperatingMode
- SwitchOn
- SwitchOff


成型機とEmpress iData EUROMAP 82.1 Convertorのシステム全体の構成図は以下の通りです。

操作方法は以下の通りです。
1.プロトコル変換 ゲートウェイの電源を入れます。
2.クロスのLANケーブルでPCと接続します。
3.ゲートウェイにWebブラウザでアクセスし設定を行います。

4.OPC UA Severの再起動を行います。
5.温調機、射出成型機と接続します。