何故Empressは選ばれるのか

Empess iData OPC UA ServerおよびClientの販売は大変に好調です。その最大の理由はEmpressがOPC UAに深い知見があることにあります。下記はOPC UA Severを購入する際のチェックポイントにしていただければと思います。

使用するSDKは自社製ですか?

OPC UAの規格は1.03から1.04に上がります。また、プラスチック成型機用の情報モデルはEURAMAP77から40077へ、周辺機器のデータの取込用のClientも装備しなければなりません。Empressは自社製のOPC UA SeverですのでバージョンアップやClientのアドオンなど柔軟に対応することが可能です。

使用するSDKは純粋なソフトですかハードに依存してませんか?

多くのOPC UA Serverはハードにバインドされ販売しています。将来、FA機器用のGatewayはAIやMachine Learningが導入されると思います。OPC UA Serverがハードに依存しているともう一台AI用などにハードを用意しなければなりません。EmpressのOPC UA Severはハードに一切依存しません。業界の動向に合わせてハードを自由に選択できます。

FA機器から取得するデータとCompanion Specのデータマッピングをしていますか?

データマッピングをお客様がやらないとお客様のOPC UAの知見が蓄積されません。実案件が発生した場合、マッピングがわからないと海外でSIerや工場の設計者と対等に会話できません。Empressのコンサルティングはマッピングに十分な時間をかけ、実案件が発生した場合にもお客様が対応できるように留意しています。

搭載される情報モデルの製品保証はできますか?

自社が開発としても、委託した会社が開発としてもFA機器に情報モデルをサポートしたOPC UA Severを搭載した場合、お客様が製品保証をしなければなりません。プラスチック成型機のEUROMAPと同様に情報モデルに対応したMESが出る前にお客様がテストすることになると思います。Empressのコンサルティングは製品保証する時の技術サポートも含まれます。

海外(欧州、中国)の設置サポートはありますか?

OPC UA Serverを搭載したFA機器を海外の工場に販売する場合、現地でお客様の製品と工場のMESとの通信テストが実施されます。その際、Empressは中国、ドイツ、イギリスにサポートセンタがあり、現地の通信テストをサポートします。